「JAPANESTA〜Little Boy&Fat Man〜」

SL-782007-07-04



1.Intro〜air raid alarm〜
2.Little Boy&Fat Man
3.戦友
4.Talkin' about my hood
5.Tought Not Enough feat.E-eight
6.Matter Fact
7.Winning The Case feat.DJ SIDE-2
8.Dedicated...feat.來々

徹頭徹尾ギャングスタ的な美意識が貫かれたファーストに比べると、このEPは曲毎のトピックが具体的で、トラックも比較的表情豊かなものが揃っている。中でも、十八番であるホラーチックなハードコアナンバーM2から湿っぽいM3を経て、哀愁系のM4へ着地させる一連の流れは、表現力の広がりを感じさせる部分だ。ただ、後半の楽曲群がやや単調なのと、くだけた描写が増した分、以前のような大仰で圧倒的にサグい個性が薄れてしまったのは残念。しかしそれは裏返せば、普遍性を得てとっつきやすくなったということでもある。また今作から見られるCUEの血管が切れそうなフロウは、依然として精緻なMr.OZのヴァースとのコントラストをよりいっそう明確にした。

「Hydrophobia」

SL-782007-06-11



1.INTRO
2.DA WAY 2 DIE feat.BIG RON
3.OUTCRY-ooh child-
4.PLAYER or PLAYERHATER
5.CLICK DA TRIGGER
6.HATE GAME
7.SKIT-introduce- feat.A-GEE
8.HYDROPHOBIA
9.CRUSIN' WITH MY HOMIES feat.來々
10.SKIT-church-
11.THE BIBLE
12.THE OTHER SIDE OF THE CORNER feat.II-J
13.THE PLAYER'S CHOICE feat.Kayzabro,Ganxsta DX
14.OMERTA feat.LA BONO

一般に日本のウェッサイ系といえば、Gファンク寄りのサウンドが主流であるが、4-SIDEのトラックはそれとは対極に、ダークでおどろおどろしい空気を演出する。その上で、ハスキーにガナるCUEと、地鳴りの如きデスヴォイスで淡々と迫るMr.OZのコントラストが、ハードボイルドでフィクショナルなストーリーを綴る。こうしたスタイルや世界観はかなり独特で、メインストリームが目指すダイナミクスとは真逆の、一種の様式美の体現を志向しているかのようにさえ感じられる(特にMr.OZ)。そういう意味で、好き嫌いがハッキリ分かれるアーティストではあるだろう。個人的には前半の、恐怖感の過剰な扇動は唯一無二で面白いと思う。本作はファースト・フルということで、既発曲を網羅したベスト盤的内容になっており、ハマればそうした魅力を存分に味わえよう。